愛のけんぽ

  • dog
  • 母
  • とり
  • 看護師
  • 医者
  • おっさん
  • 父
  • ナガイ
  • アキコ
  • ヒロキ

Introductionイントロダクション

「健康保険?なんのこと?」
  そんなあなたに贈る物語。
医療の高度化や人口の高齢化により増え続ける医療費。
団塊の世代が後期高齢者に入り始める2022年からは、
さらに高騰すると見込まれている。
安心して医療を受けられる健康保険を守るために、
健康保険料の引き上げも検討されるだろう。
そうなれば、保険料を負担しているあなたにとっても
他人事ではない。
これは、「健康保険」の存在を
忘れてしまったすべての人のための物語。
 考えると、とにかくやばい!
  私たちは、この問題を避けては通れない。
何気なくいつもそこにあるものとして、
気にもとめていなかった「健康保険」。
しかし、この物語を見たあなたは、考えはじめるだろう。
想像してみてほしい。
もし、健康保険がなかったら、
日々の通院は…手術や入院をする時は…
全額負担することになる。
考えると、とにかくやばい。タイムリミットは迫っている。
さあ今こそ、真剣に考える時がきた!

Movieムービー

健康保険の記憶を失ったヒロキをめぐり、
健康保険存続の危機が明らかに!?
果たしてヒロキの記憶は戻るのか…?
第一話目覚め
健康保険について
目が覚めるとそこは病室のベッドの上。主人公ヒロキは記憶を失っていた…
愛の台詞 by ヒロキ
愛の台詞 by ヒロキ「何も思い出せない!」
第二話ライバル
健康保険の強みとは
診察室で記憶テストを受けるヒロキ。そこへヒロキのライバル・ナガイが現れ…
愛の台詞 by ナガイ
愛の台詞 by ナガイ「フハ、フハハハハハ!!」
第三話嫉妬
高額医療保険について
ヒロインのアキコに言い寄る​ナガイ。ヒロキの入院費に240万円かかると言い出し…
愛の台詞 by 医者
愛の台詞 by 医者「でも、これがあるから負担が軽くなる」
第四話後継者
2022年問題について
黒塗りの車から降り立つ1人の老人。ヒロキとナガイの前で衝撃的な一言を…
愛の台詞 by ナガイ父
愛の台詞 by ナガイ父「期限は2022年まで、だ!」
第五話思い出
日本の健康保険制度について
両親はいないと思っていたヒロキだったが…。そして、あの生物の謎が明らかに!?
愛の台詞 by 謎の鳥頭生物
愛の台詞 by 鳥越さん「人間がうらやましいです」
第六話決闘
財政危機について
ナガイに囚われたアキコを救うため1人乗り込んだヒロキ。ナガイの挑発は続くが…
愛の台詞 by ヒロキ
愛の台詞 by ヒロキ「財政危機・・・恐ろしい言葉だぜ」
最終話これから​
日本の健康保険制度について
海辺で寄り添うヒロキとアキコ。記憶を失ってから、嵐のような日々が過ぎ去り…
愛の台詞 by ヒロキ
愛の台詞 by アキコ「健康保険忘れないでね〜」

Character Map相関図

相関図
横にスワイプする

Commentコメント

各方面から共感の嵐!愛のあるやばいコメントが続々?!

某会社員 (20代・男性) 某会社員(20代・男性)
こんなドラマを作るほど、
 健保ってやばい んだなって
ことは感じました。
某会社員 (30代・女性) 某会社員(30代・女性)
ヒロキとナガイの後継者争いの
行方が気になります。
 期限は2022年 ってことで、
今声を上げないと
まじで
健康保険なくなりそうで
やばいんですね。
某会社員 (40代・男性) 某会社員(40代・男性)
 入院費240万円 
インパクトが凄かったです。
想像すると震えましたね。

コメントはイメージです

Production Noteプロダクションノート

この物語はフィクションです。
しかし、このままだと健康保険が危ない、
ということだけは本当です。
その実態を知りたい方のために、
「健保連が提言する5つの政策」サイトを公開しています。
<健康保険>の記憶が消えないうちに、ぜひご覧ください。

「何も思い出せない!」

ヒロキが思い出せない
「健康保険」とは?

説明するわ。「健康保険」は、病気やけがとそれによる休業、出産や死亡に備える公的な医療保険制度よ。日本では、誰もが何らかの医療保険制度に加入する「国民皆保険制度」が採用されているの。
「フハ、フハハハハハ!!」

ナガイが突き付けたのは
ヒロキの記憶の鍵を握るこのカード!

健康保険に加入すると、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されるんだ。そんなことも忘れちまったのか?医療機関を受診するときは、必ず保険証を持っていけよ!
「でも、これがあるから​負担が軽くなる」

「高額療養費制度」で
治療に専念​

医療費が100万円の場合、患者の負担額はいくらでしょう?3割負担だから30万円?いえ、「高額療養費制度」があるので、1か月の医療費の自己負担額が一定金額を超えた時、超えた分を健康保険で​負担します。だから、安心して治療を受けてください。
「期限は2022年まで、だ!」

国民皆保険制度が
危ない!?
「2022年危機」とは。

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に入り始める2022年から、医療費はさらに増加する見込みなのよ。2022年以降は健康保険料の引き上げに耐えられなくなって、健康保険制度自体が崩壊するかもしれない。それが「2022年危機」!!
「人間がうらやましいです」

鳥越さんがうらやむ
日本の<健康保険制度>

あなたは知っていますか?今でも海外に目を向けると、先進国の中でも民間保険中心の国もありますし、無保険の国民を多く抱える国も存在するのです!日本ではすべての国民が当然のように保険証を持っていますが、「国民皆保険制度」は、実は当たり前ではないのです。
「財政危機…恐ろしい言葉だぜ」

健康保険は財政危機!
新型コロナの影響で
危機が加速?

コロナ禍の中、多くの企業で業績が下がって、給与・賞与の引き下げにつながると見込まれているの。給与・賞与が下がると、皆の医療費を賄うために、健康保険料をさらに引き上げざるを得なくなるわ!財政危機は、本当に恐ろしい。
「♪健康保険忘れないでね〜」

残された時間は
あとわずか。
今、改革を
実現する時です。

健保連は、迫りくる「2022年危機」を前に、国民皆保険制度を維持し、安心して医療を受けられる未来を守りたい、という思いで活動しています。

×